製図

【二級建築士製図試験】木造課題 断面図

ゆこさん
ゆこさん
断面図を描くのが苦手という人、多いですよね。やっぱり、それだけ難しい図面なんですね。
かんな先生
かんな先生
確かに、簡単な図面ではないですが、一度覚えてしまえば、それほど難しくは感じなくなると思いますよ。ただ、やはり、ミスが多くなる図面ではありますので、作図後の見直しはきちんとしておきたいですね。

高さの点を取る

まずは高さの点を取ります。取る点は以下の通りです。

  1. 床の高さ
  2. 1階 窓の高さ
  3. 1階 天井の高さ
  4. 2階 床の高さ
  5. 2階 窓の高さ
  6. 2階 天井の高さ
  7. 軒の高さ
  8. 軒の高さから100㎜(図面上は1ミリ)上がったところ

これらの点は、断面図が出来上がったら消すようにします。そのため、消しやすいところに点を取るようにしてください。

全ての点を一列に取ってしまうと、どれが何の点なのかわかりにくくなります。窓の高さ位置は、他の点と少しずらして取るようにするとわかりやすくなります。

ゆこさん
ゆこさん
1階の床高さについては、まれに指定されることがありますが、その他の高さ寸法は、指定されることはありませんので、概ね固定して覚えてしまって大丈夫です。

天井と床を下書き

天井の線と床の線を補助線で引きます。
上の写真ではわかりやすいように少し強めに引いていますが、できるだけ薄く引くようにしてください。

壁の位置を下書き

平面図を確認し、壁のある位置と建具のある位置に下書き線を引きます。幅(壁厚)は平面図と同じで150㎜です。(図面上は1.5ミリです。)
子の下書き線は、床から天井までを引くようにすると、完成後に目立ちません。床や天井から大きくはみ出さないように意識してください。

建具がない壁については、下書き線ではなく、いきなり仕上げ線でも大丈夫です。強い線で引いてください。(慣れないうちは、全て下書き線でもOKです。)

壁の厚みの1.5ミリは、慣れるまでは測って点を取ってもいいですが、できるだけ感覚で引けるようになってください。作図時間の短縮を図ることができます。

屋根を描く

次に屋根を描きますが、まずは軒の出の位置を確認します。
上の写真では、軒の出は600㎜としていますが、450㎜でも構いません。(900㎜でも間違いではないですが、隣地境界との空きを考慮する必要がありますので、あまり大きくならないように600㎜までとするのが無難です。)

軒高から100上がった水平のラインと外壁の中心線との交点、そこに勾配定規を合わせて斜めに線を引きます。この線は、屋根の表面を表す線になります。
屋根の勾配は決まっていませんが、スレート葺きの場合は、4寸勾配か3寸勾配が一般的です。

軒高から100上がるのは、垂木や野地板、スレートなどの厚さの分です。

天井と床、建具を描く

天井の線と床の線、建具の高さ位置を描いていきます。
屋根の線を含め、断面を示すこれらの線は最も強い線で引いてください。

壁と建具を描く

壁と建具を描いていきます。庇がある場合は、庇も記入します。
(窓庇の記入は絶対ではありませんが、平面図と断面図、立面図、これらの整合性はとるようにしてください。断面図に庇があって立面図にないのは不整合となります。)

建具の寸法

建具の寸法を入れます。
建具の高さに決まりはありません。主に、掃き出し窓と腰窓がありますが、高さは固定して覚えて大丈夫です。(2階の腰窓の位置は、あまり低くならないように注意してください。低いと危険です。)

断面図の切断位置において開口部を含むか含まなくていいか、これはその時の問題条件によります。切断位置の条件で、開口部のある位置というのがなければ、窓の位置は避けて、壁の位置で切断した方が作図量は少なくなります。

最高の高さ、軒高など

最高の高さ、軒高、階高、床高さを記入します。
これらの高さの記入は必ず求められます。忘れずに記入するようにしてください。

最後に室名を記入して完成です。

最高の高さの求め方(考え方)はこちらの記事が参考になります。
最端製図.comブログ「最高の高さ」

【二級建築士製図試験】木造課題 立面図二級建築士製図試験における作図の描き方やコツをお伝えしています。今回は、木造課題立面図です。よかったら参考にしてください。...